コルセットは体を弱らせる

腰は、腰椎と腰椎がだるま落としの様に重なった関節です。

その周りを靭帯や太い筋肉が支えています。

コルセットは腰を保護して曲がらない様にしてくれます。

だから、痛くて仕方ないとき、ここ一番頑張らなくてはいけない時には有効です。

しかし、いつも付けっぱなしにしていて、曲げるための関節が曲がらなくなっては話になりません。

また、筋肉がコルセットを頼ってしまい弱くなってしまいます。

いつも、付けっぱなしは絶対にお勧めできません。

ムチウチの時によくもちいられる「首を固定するカラー」も禁物です。

首を固定する。ということは、それだけ首の筋肉が固まることにも繋がるため、症状を悪化させる原因になってしまいます。

「カラー」にしろ「コルセット」にしろ、固定させる。ということは、それだけ筋肉を使わないことにも繋がり、筋力が弱まります。

固定しているので、血流も悪くなります。

筋肉の緊張は、血液の循環が悪化することが最も大きな原因です。

筋肉が硬くなると血液の循環が滞り、筋肉に新鮮な酸素や栄養が行き渡らなくなり、老廃物が溜まってしまいます。その結果、また筋肉が硬直してしまい、正常な筋肉の伸縮が出来なくなり、腰の凝り、首筋のこり、肩こりに繋がってしまう悪循環の繰り返しになります。

ですから、腰部のおコルセットや首を固定するカラーなどは、血液の循環の悪化を促すことにもなるものは、出来るだけ使用を控えることをお勧め致します。

0739-20-5692

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692