顔面神経麻痺専門治療

麻痺は、放っておいても治りません

ある日、突然に発症した表情筋の麻痺。
処方された薬を飲んでいるから大丈夫だと思っていませんか?
または、治療を受けたいけど、忙しいからと放ってはいませんか?



麻痺は、放っておいても治りません。
きちんとした治療とリハビリがとても重要になります。



麻痺の影響は日々着々と蓄積していくのです。



目は開閉しずらくなり、口はうまく開けられず、
顔がひきつって、当たり前に出来るはずの表情が作れない。
水を飲もうにも口からこぼれてしまう。。



特に急性期は、現代医学的にも鍼灸治療的にも早期からの治療が大変重要になります。
また、慢性期においてもどのように治療を進めていくかで
表情筋の拘縮や、共同運動などの後遺症に差がでてきます。



治療が十分でない頃に顔面神経麻痺になり、そのまま放っておいた高齢者の表情は
どこか不自然にみえ、後遺症がはっきりとわかる方も散見されます。



それは全て「そのうち治るだろう」と放置してしまった結果なのです。

元の表情を取り戻すには、どうすればいいのか?

顔面神経麻痺の治療をするといっても、ただ顔に鍼をすれば良いというわけではなく

麻痺の状態や時期、随伴症状などをみながら、使うツボや治療法を選択しなくていきます。

また、鍼を行う前に全身の状態を整える治療を行い、自律神経を安定させます。

そして、筋肉の状態をしっかり維持・増強をしながら神経の回復を促していきます。



当院の治療は、筋肉や神経に非常に効果的に刺激を伝えることができます。

せっかく神経が回復したのに、筋肉が動かないのではどうにもなりませんよね。


自宅におけるリハビリ内容も指導しますので
患者さん自身が、受身でない積極的な治療を進めることができます。

あと一歩を踏み出す後押しをさせていただきます

顔面神経麻痺には鍼灸が大変効果的で、W H O(世界保健機構)でも鍼灸治療を進めております。

しかしながら、あと一歩、以下の理由で治療に踏み切れない患者さんもいらっしゃいます。

そのような患者さんの不安を解消できるように

楠本整骨針灸院では顔面神経麻痺の無料相談無料体験治療を行っています!



もちろん問診から治療まで通常と変わらぬ内容で治療させていただきます。

顔麻痺について、疑問に感じていたことなど、治療や問診の際に聞いていただければと思います。



私は実際に治療を受けてみて、納得していただくのが一番だと考えていますので

まずはお気軽にご連絡ください。

(注意*現在、予約状況が非常に込み合っておりますので、無料体験・無料相談からの患者様は1週間程度先の予約になる場合があります。また、ご希望の時間に予約していただけない場合もありますので、ご了承ください。)

なぜ、顔面神経麻痺が起こるのか?

顔面麻痺になる原因のほとんどは、まだ完全に解明されていませんが、有力な説はいくつかあり、その原因によって麻痺の種類も違ってきます。

ベル麻痺
ほとんどの顔面神経麻痺(約70%)は、この種類の麻痺になります。
この麻痺の特徴としては突然発症して、多くが原因不明ですが、男女の差はなく、単純ヘルペスウイルスの関与、顔面から送られる栄養血管に問題が生じて浮腫が起こる、寒冷刺激による循環障害、ストレスによる自律神経障害などが挙げられます。

ラムゼイ・ハント症候群
帯状疱疹のウイルスが、何かの原因によって、顔面神経に付着して発症した状態です。耳の激しい痛み、水泡、聴神経が侵されると難聴になります。ベル麻痺に次いで多い疾患です。また、ベル麻痺に比べ改善に時間がかかる厄介でもあります。

外傷性による麻痺
交通事故や他の事故などで頭蓋骨・顔面部を骨折した際に起こる疾患です。

その他の麻痺
腫瘍によるもの、先天性によるもの、手術の後遺症、中枢性(脳神経)からの麻痺等。

2度目の再発。早期治療でハント症候群が完治しました。
顔面神経麻痺は、高校生以来2度目の発症でした。仕事で打ち合わせをしているときに、口元に覚えのある違和感を感じ、高校生での苦しい記憶が冷や汗と共によみがえりました。すぐに病院に罹り薬を処方してもらったものの、進行していく病状に不安と恐怖ばかりが募り、ネットで同じ病気に罹っている方のブログなどを読み漁っていました。

そこで「鍼治療」が有効であることを知りました。

事前に電話で相談すると、「1日でも早く治療を始めた方がよい」というアドバイスを頂き、発症後3日目で治療を開始しました。私は残念ながらラムゼイ・ハント症候群だったこともあり、発症後すぐは「麻痺が残るかもしれない」という恐怖と不安ばかりを抱えていました。

楠本先生は、ハント症候群の病気そのもの、そして私の置かれている状況を過大も過小もなく、丁寧に説明してくれて、「良くなる可能性が充分にある」ことを感じさせてくれました。

そして私もきちんと病気と向き合い、しっかり前を向く気持ちになることができました。最初の2週間ほどは、麻痺が進行していきますし、麻痺の回復はそれこそ薄皮を一枚一枚剥がすような作業なので、すぐに期待するような変化を感じないかもしれません。

治療を開始してから数週間ほど。

あるときから急に目に見えて回復してきたことが実感できました。仕事は1ヶ月お休みしましたが、社会復帰も思った以上に早くでき、2ヶ月半経った今では周りの人も全く気づかない、ほぼ完治といってよいくらいになりました。

鍼治療を選択したことで、予後不良と云われるハント症候群を克服し、そして笑顔をとり戻すことができました。

この病気は見た目に大きな変化を伴う辛い病気です。「治したい」という気持ちでいっぱいになります。もし、この病気に悩まされている方がいらしたら、ぜひ、鍼治療を選択肢の一つに加えていただきたい、そう思います。

一緒に闘ってくださった楠本先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。
初めての鍼治療にチャレンジ、通うごとに変化を感じられる事がうれしく、前向きになりました。
右側顔面神経麻痺(ベル麻痺)、中高度の麻痺と診断され、病院では飲み薬のみの処方で回復までは1年程度、長い目で見ていきましょうとのことでした。

目が閉じられず、口をゆすいだり飲み物を飲む時も手でおさえる必要があり、この状態では誰にも会えないし、接客業なのでいつ仕事に戻れるのか、治らなかったらどうしよう、と、とてもこわかったです。

少しでも良くなればとネットで色々と調べ、鍼治療にチャレンジしてみようと思いました。鍼治療は初めてなので「鍼を刺す」=「痛い」というイメージが強く、初回はとても不安でした。

通うごとに変化を感じられる事がうれしく、前向きになりました。楠本先生はいつも笑顔で丁寧に接して下さり、気になる事や不安な事も相談しやすく、安心して通えました!!

数カ月かかるかもしれないと言われたのにわずか1カ月!!

ほぼ完治!!と言える状態になったのは楠本先生に出会ったからだと思います。

本当にありがとうございました。

顔面神経麻痺が治ったら、何がしたいですか?

昨日まで普通だった顔が、突然動かなくなってしまい、パニックと同時に不安でいっぱいになります。

「このままだったらどうしよう」「本当に治るのか」

こんな不安な気持ちでいる方がほとんどだと思います。

そんな方に、私は施術で結果を出すだけではなく、あなたの不安に思っている事も解決のお手伝いをさせて頂きます。

同じ悩みを持っている方をこれまで沢山診させて頂きました。その経験から、あなたの不安に先回りして、対応します。

顔面神経麻痺で悩んでいる方が、一人でも多く笑顔になり、幸せな生活ができる様にサポートいたします。

治療開始が早ければ早いほど、改善の見込みも高くなります。

お気持ちが決まりましたら、1日でも早くご相談ください。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692