不眠症・睡眠障害を治す方法

不眠症・睡眠障害の症状・原因・治療

不眠症・睡眠障害とは、夜お布団に入っても、「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」「朝十分に睡眠時間をとったのに、眠った気がしない」などの状態が慢性化したものをいいます。

このため、不眠症・睡眠障害では、身体が十分に休まることができず、イライラしやすくなったり、集中力がなくなります。

不眠症・睡眠障害の症状が強くなる方には、精神的に疲れ、日常生活さえできなくなります。場合によっては、うつ症状や、ノイローゼを引き起こすほど、不眠症・睡眠障害はつらい病気です。

これと同じような症状でお悩みの方は、不眠症・睡眠障害を疑う必要があります。治さなくてはなりません。このページでは、不眠症・睡眠障害を治すために、不眠症・睡眠障害の原因・症状・治療について、詳しく解説して行きます。

不眠症・睡眠障害の症状

不眠症・睡眠障害の症状には、様々なタイプがあります。

・眠りにつくまで時間がかかる
・眠りについても、朝起きるまで何度も目が覚める
・睡眠時間は十分だが、眠りが浅く、十分眠った感じがしない
・眠れず、日中に疲れがたまる
・イライラしやすく、頭痛・肩こり・胃腸の不調がある
・眠れないので、疲れやすく、やる気がでない
・眠れないのではないかと睡眠のことが心配で不安になる
・食事中、会議中にも強い眠気に襲われ、居眠りをしてしまう
・睡眠中に呼吸が止まっていると言われる


不眠症・睡眠障害では、この様な症状が多くみられます。特に、不眠症・睡眠障害がひどくなってくると、また眠れないのではとの不安が大きくなります。このため、心療内科などで、睡眠薬や精神安定剤を処方されている方が多くおられます。これをお読みのあなたもそのお一人かもしれません。

不眠症・睡眠障害の原因 自律神経との関係

不眠症・睡眠障害の原因は様々です。不眠症・睡眠障害の方の多くは、病院で検査を受けられるのですが、特に大きな原因が見つかりません。

このため、精神的な問題・ストレスの問題とされる方がほとんどです。なぜでしょうか?

不眠症・睡眠障害の原因として、自律神経の問題を考えなくてはなりません。自律神経とは、身体を最も良い状態にコントロールしてくれる仕組みのことです。耳にしたことがあるかもしれませんが、交感神経と副交感神経があります。

自律神経の状態は、検査ではわかりません。このため、不眠症・睡眠障害の原因が不明といわれます。不眠症・睡眠障害の方は、自律神経の交感神経の状態が過敏になっている可能性が大きいです。交感神経とは、身体を興奮させる命令を出します。例えば、心臓がドキドキする、呼吸が乱れる、目がぱっちりと開く・・・などです。

不眠症・睡眠障害で、交感神経が過敏になっていると、特に目を開きなさいという命令が入りやすくなります。このため、あなたの意志とは無関係に、眠れなくなってしまうのです。これが、不眠症・睡眠障害の原因です。

不眠症・睡眠障害が続きますと、自律神経の乱れは増々大きくなりますので、自律神経失調症の症状が出やすくなります。例えば、うつ症状・不安感・息苦しさ・イライラ・動悸・胃腸の不調・吐き気・頭痛・めまい・耳鳴り・・・の症状が出ます。

病院に行っても治らない不眠症・睡眠障害の原因は、自律神経の乱れを考えなくてはなりません。

不眠症・睡眠障害の治療

不眠症・睡眠障害の治療の多くは、薬による治療です。睡眠薬・睡眠導入剤・精神安定剤などが、内科・心療内科などから処方されます。薬により、気持ちを落ち着け、不眠症・睡眠障害の症状を治す作戦です。

初期の不眠症・睡眠障害の治療で、薬による治療は大切です。薬により、睡眠を取ることにより、身体を休め、気持ちを静め、治す方法です。とても有効で、大切な不眠症・睡眠障害の治療です。

しかし、慢性的な不眠症・睡眠障害では、薬の効果が薄れていきます。薬が効かなくなってくるのです。もしあなたが、慢性的な不眠症・睡眠障害と共に、薬を慢性的に飲んでいるようでしたら、考えなくてならない問題です。

もう一つの問題は、副作用の問題です。不眠症・睡眠障害の薬では、副作用による身体への影響を考えなくてはなりません。薬には、作用があると同時に、必ず副作用があります。特に長い間使っている不眠症・睡眠障害の薬では、副作用の多いものがあります。知らず知らずにうちに、身体へと負担を与えます。

薬を使わずに不眠症・睡眠障害を治すために

不眠症・睡眠障害を治すためには、自律神経の乱れを治す必要があります。特に、不眠症・睡眠障害でお悩みの方は、交感神経が過敏な状態となっています。

なぜ交感神経が過敏になるのでしょうか?大きな理由としては、ストレス・疲れ・体質・免疫力の低下があります。このような状態が長く続きますと、自律神経の乱れを引き起こします

自律神経の乱れは、ご本人も気づかぬうちに進みます。このため、少しずつ不眠症・睡眠障害は進行していくのです

薬を使わず不眠症・睡眠障害を治すためには
1.自律神経の乱れを治す
2.薬を徐々に減らしていく
3.体質改善を行う

事が大切です。

不眠症・睡眠障害を治すためには自律神経の治療が必要です

当院では、不眠症・睡眠障害を治すために、薬を使わず以下の治療を行います。

1.自律神経の乱れを治す

当院の治療では、自律神経の改善を行います。目的としては、過敏になっている交感神経の働きを抑えることです。これにより、睡眠がしやすい状態への身体を改善して行きます

不眠症・睡眠障害の方の場合、交感神経の状態を改善するだけでも、ゆっくり眠れるようになる方が多いです。

また、身体をリラックスさせる副交感神経の改善を行います。副交感神経とは、身体を休め、リラックスさせる命令を出します。不眠症・睡眠障害でお困りの方の場合、身体が十分に休めていません。身体をリラックスさせるためには、副交感神経の働きを上げる必要があります。

2.薬を徐々に減らして、止めていく

不眠症・睡眠障害の薬は、依存性といいまして、なかなかやめづらい性質のものが多いです。煙草と同じようなものです。先ほどお話をさせて頂きましたように、睡眠導入剤・精神安定剤を長期間使いますと、副作用の問題があります。長い間飲み続けるほど、副作用の可能性が大きくなります。このため、薬は最小限、出来れば使わないのが理想です。

当院では、身体の状態に合わせながら、無理なく薬を減らしていく方法を行います。症状が改善すれば、薬を使わずにゆっくりと眠れるようになります。

3.眠れない体質の改善

不眠症・睡眠障害が出るには、体質の問題があります。身体が常に緊張して、疲れやすく、免疫力が低下した体質です。不眠症・睡眠障害を治すには、根本的な問題を治さなくてはなりません。不眠症・睡眠障害を治して、今後二度と、不眠症・睡眠障害にならない体質に改善にしていきます。

不眠症・睡眠障害は本当につらい病気です。しかし、しっかりと治療すれば良くなる病気です。どうぞあきらめないで下さい。不眠症・睡眠障害を治して、今まで出来なかった事、我慢していた事をして頂きたいと願います。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692