パニック障害を治す方法は

パニック障害の症状・原因・治療

パニック障害でお悩みの方は、とてもつらく、どうすればいいのかとお困りの方がほとんどです。これをお読みのあなたも、そのお一人だと思います。

パニック障害は、うつ症状も出やすいので、本当につらい病気です。パニック障害は、本当の原因を見つけ、治療すれば良くなる病気です。

パニック障害を治すためには、どうしたらいいのか?このページでは、詳しくお話ししていきます。

パニック障害とは?


パニック障害とは、突然以下のような症状が出ます。

・動悸
・めまい
・息苦しさ
・胸のつかえ
・手足の震え
・しびれ
・吐き気
・汗が止まらない・・・

また、パニック障害では、うつ症状を引き起こすこともあります。パニック障害の症状は、とてもつらく、自分ではコントロールできないのが特徴です。「このまま死んでしまうのではないか?」など、強い不安さえ感じます。

パニック障害が多く出る場所としては、

・電車の中
・エレベーターの中
・高速道路を運転中
・デパート、スーパーなど人が多い場所
・会議や発表などの緊張する場面

などが多いです。このパニック症状が出たことを思い出し、外へ出る事が出来なくなる方も多くおられます。

パニック障害の症状

パニック障害の症状が出ると、自分ではコントロールができません。動悸、呼吸困難、息苦しさ、胸のつかえ、汗が止まらない、ふるえが強くなる、不安感が強くなるため、命の危険を感じます。そのため、救急車を呼ばれる方も多いです。

パニック障害は、どなたにでも起こりうる症状です。特別な事ではありません。これは、人間が持っている、自分を守ろうとする機能の一つです。例えば、大きな恐怖を感じた時、心臓の動きは早く、呼吸も激しくなります。これと同じ事が、パニック障害では起こっています。何らかの理由で、身体の反応が、敏感になっているのです。

あなたが、特別と言うわけでもありません。

パニック障害の症状が出ると、病院で検査をします。心臓、脳、血液検査など、様々な検査をしても、異常がありません。パニック障害の原因は、分からないことが多いのです。そのため、パニック障害の不安がさらに大きくなります。また、パニック障害では、うつ症状を引き起こすのが特徴でもあります。

パニック障害の原因


パニック障害の原因は、検査では異常が見つからない場合が多くあります。この結果、パニック障害は、精神的な問題とされることが多いです。

パニック障害の原因として考えられるのが、交感神経の敏感な反応です。交感神経とは、身体をコントロールする自律神経系の一つです。

主な働きは、
•心臓をドキドキさせる。
•呼吸を早くする。
•胃腸の働きを抑える。

など、身体を活動的にする時に働きます。緊張している時、ストレスを感じている時は、交感神経の働きが活発になります。パニック障害の原因は、この交感神経が過剰に働くことで症状が出るのです。

交感神経が敏感になるパニック障害の原因としては、
•家族の問題
•長時間の仕事
•プレッシャー
•人間関係のストレス
•不規則な生活習慣
•睡眠不足・・・

など、色々なストレスが、パニック障害のひきがねとして考えられます。これらの結果、交感神経が敏感になり、パニック障害の症状が出やすくなるのです。

パニック障害をそのままにしておくとどうなるのでしょうか?


パニック障害をそのままにしておくと、症状がさらにひどくなる場合が多くあります。パニック障害が出ると、日常生活ができなくなることもあります。

このため、
•家事ができない。
•仕事を休職する。
•外出ができない。
•学校にいけない。
•家に引きこもってしまう。

などの様々な問題を引き起こします。パニック障害の治療として、多くの場合、心療内科などで、精神安定剤などが処方されます。これは、交感神経の過剰な反応を抑えるのが目的です。一時的に飲む事は良いのですが、精神安定剤はクセになりやすく、手放せなくなる問題があります。パニック障害の症状は変わらず、薬だけを飲み続けるという問題が出てきます。

パニック障害を、そのままにしておくと、ますます症状と不安が大きくなる場合があるのです。パニック障害は、早急に治療を開始しなければなりません。

パニック障害は治療をすれば良くなる病気です。

パニック障害は、原因を見つけ、しっかりと治療すれば良くなる病気です。パニック障害を治すには、交感神経の過剰な働きを改善しなければなりません。自律神経の状態を、正常に戻していく事が大切なのです。自律神経の状態が良くなるにつれて、パニック障害の症状も良くなります。

パニック障害の方は、ストレスで免疫力が落ちています。免疫力は、本来あなたを守ってくれるものです。しかし、免疫力の低下すると、パニック障害の症状が起こりやすくなります。免疫力が下がる事は、パニック障害の原因となりますので、改善しなくてはなりません。

パニック障害でお困りの方は、多くの薬をお飲みになられている方が多いです。副作用の心配もありますので、薬も出来る限り早く止めなくてはなりません。病院では、原因不明、精神的な問題、治らないとさえ言われるパニック障害ですが、しっかりと治療をすれば良くなる病気です

パニック障害を治すためには自律神経の治療が必要です

1.自律神経を調整する

自律神経、特に交感神経の過敏な状態を戻すことにより、
•うつ症状
•突然の動悸
•めまい
•息苦しさ
•胸のつかえ
•手足の震え・しびれ
•吐き気
•汗が止まらない・・・

などの、パニック障害の症状を良くします。

2.副交感神経の働きを上げる



身体をリラックスさせる、副交感神経の働きを上げることにより、
•うつ症状
•不安感
•やる気が出ない
•イライラする

などの、パニック障害の精神的症状を良くします。


3.免疫力(自然治癒力)を高め、体質改善を行う

あなたが本来お持ちの、免疫力(自然治癒力)を上げます。免疫力が上がる事で、今までパニック障害の症状が出ていた場面でも、抑える事が出来るようになります。パニック障害の予防効果も高まります。パニック障害の症状が二度と出ないよう、体質改善を行います

パニック障害は、原因不明と言われることが多いです。パニック障害を治して、毎日を元気に過ごして頂きたいと思います。原因を見つけ、しっかり治療すれば良くなる病気です。あきらめないでください。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692