病院では腰痛の85%は原因不明

2011年11月16日に放送された
NHKの「ためしてガッテン」

日本人の8割が一度は経験するといわれている腰痛、なんと「腰痛の85%が原因不明」という事実です。

主犯と考えられていた椎間板ヘルニアでさえ犯人ではない!?

問題です。
○はいくつあるでしょうか?  

☑ギックリ腰は痛みが取れるまで安静にした方が良い

☑ヘルニアが有るので腰痛とは一生のお付き合いになる

☑腰が痛い時は常にコルセットをした方が良い

☑腰痛はすべて腰の異常が原因で起こる

正解は、すべて×です。

病院での、画像診断ではほとんど分からない

腰痛の85%が原因不明であり、今まで主犯と考えられていた椎間板ヘルニアでさえ腰痛の原因ではないと言われています。

なぜ、85%が原因不明かと言うと、医学部では明らかに病巣のあるレントゲンを見ながら治療法の説明はありますが、レントゲン上に明らかな病巣の無いものについては学びようがありません。

だから、85%に付いては原因不明で、異常なしとなり説明しようが無いのが実情です。

つまりレントゲン上に原因を見つけられない腰痛が85%、しかもレントゲン上に異常が見つけられたとしても必ずしもその異常が腰痛の原因かどうかはわからないのです。

痛みが有るのは体にとって何かしらの異常状態ですから、必ず原因が有ります。 
例えば筋肉の張などの異常はレントゲンには映りません。

レントゲンやCT、MRIなどの画像診断で分かるのは腰痛を訴える方の15%ということになります。

15%のうちで、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離・すべり症・梨状筋症候群、その他内臓性疾患などの病名が付きます。

では、15%に付いては診断が付き病名がハッキリするわけですが、それで痛みの原因がわかったか?と言うとそうではありません。

腰椎に変形のある方でも腰に痛みの無い方が大勢いらっしゃいます。

先ほども言いましたが、椎間板ヘルニアでさえ腰痛の原因ではないと言われるようになりました。

すると、どうしても辛くて病院にいっても痛み止めとシップを渡されて「異常なし、様子を見て」と言われることになります。

椎間板ヘルニア

皆さんがヘルニアになったら手術をしないと治らないと思っていませんか?

変形した椎間板が神経を圧迫して激しい痛みを起こします。と言われていますが、実は変形したヘルニアは時間が経てば自然となくなる場合がほとんどなのです。

あなたのヘルニアに手術は必要ありません。

痛みを減らすには、怖がらずに動く事です。

動く事が一番のお薬です。

9割が自然に消失します。

腰痛が無い人で背骨が変形している割合

20~39  34%
40~59  59%
60~80  93%

稲波弘彦
日本整形学会専門医  日本脊椎脊髄病学会 指導医

「骨の間隔が狭くなっている」は、原因ではない

レントゲンなどでの画像診断を受けて、「骨の間隔が狭くなっている」と言われたことのある方はたくさんいらっしゃいます。

ヘルニアなどがある場合は、骨と骨の間隔が狭くなり、椎間板が圧迫を受け、軟骨が外にはみ出し神経を圧迫している言われます。

腰椎椎間板ヘルにアや、脊柱管が狭くなる脊柱管狭窄症などがありますが、画像診断ではそれらの異常は見つから無い時、何か原因を言わないと、「分かりません」では困るので「骨の間隔が狭くなっている」と言われるのです。

椎間板ヘルニアがMRIで見られても無症状の人は沢山経験しており、椎間板ヘルニア自体は普通に生活している人々に見られると言われています。

骨に異常がなければ、梨状筋症候群という名前が付けられる。

画像診断では、骨に異常が無い時は診断が付きません。

そんな時は『筋肉に問題があると』仮定します。

坐骨神経痛などの坐骨神経を圧迫する病気で、筋肉から起こるものは「梨状筋症候群」だけなので、骨に異常がなければ梨状筋症候群となります。

梨状筋が何らかの理由で硬くなるとすぐ下に胃坐骨神経が有るため、坐骨神経を圧迫します。

すると坐骨神経痛と言われる症状が出ると言われています。

最後には心療内科へ

病院に行って、レントゲンを撮り、大きな病院でMRIを撮り、場合によっては内臓の疾患を疑い内科に行き、脳の病気を疑い脳神経外科に行き、それでも原因が分からなければ「精神的なもの」「ストレスが原因」と思われて心療内科に案内されるというケースが多くあります。

そして、デパスなどの向精神薬を処方されます。

0739-20-5692

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692