更年期障害を治すためには

更年期障害の症状・原因・治療

女性の一生は、大きく分けると
•「幼少児期」
•「思春期」
•「性成熟期」
•「更年期」
•「老年期」

の5つに分けることができます。

更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンが急激に減っていく「閉経を迎える時期の前後5年くらいの期間」のことを言います。

日本人女性の平均閉経年齢は、50歳くらいといわれていますので、更年期はだいたい45~55歳くらいと考えることができます。このページでは、更年期障害を治すために、更年期障害の症状、原因、治療方法について、詳しくお話いたします。

更年期障害とは?


更年期障害とは、女性が閉経を迎える前後(一般的には、45歳~55歳)に、身体の調子が悪くなることを更年期障害と言います。更年期障害の時期では、女性ホルモンのバランスに変化が出始めます。

これは、卵巣(卵子を作り、保存する場所)の機能が変化し始めるからです。エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、体内バランスを整える、とても大切な働きをしています。このエストロゲンの変化により、身体にトラブルが起こる事を、更年期障害と言います。

更年期障害の症状はつらく、検査で原因がわからない事が特徴です。エストロゲンなどの女性ホルモンが変化しています。更年期障害の治療として、ホルモンを薬などで飲む補充療法を行うのですが、改善しない方も多くおられます。また、ホルモン補充療法は、副作用もあり、反対に体調を崩す方もおられます。

更年期障害は、多くの女性が悩む病気です。原因不明と言われることも多いです。これをお読みのあなたも、そのお一人だと思います。更年期障害を治すためには、更年期障害の原因について知る必要があります。更年期障害の症状は、しっかりと治療をすれば改善する病気です。更年期障害は、治さなくてはならない病気です。

更年期障害の症状


更年期障害の主な症状は、

・肩こり
・腰痛
・胸の痛み
・のどの渇き
・頻尿
・しびれ・震え
・体重減少
・倦怠感
・めまい
・ふらつき
・耳鳴り
・骨粗しょう症
・異常な汗
・月経不順
・不正出血
・おりものの異常
・膀胱炎
・排尿痛
・残尿感

など様々な身体の不調がおこります。

また、
・うつ症状
・パニック症状
・不安感
・やる気のなさ
・イライラ

などの、精神的な不調も起こりやすいです。どれもが、本当に苦しい症状ばかりです。更年期障害の症状がひどくなってくると、病院などで更年期障害の検査を受けます。多くの場合、女性ホルモンバランスの乱れが、更年期障害の原因と言われます。

更年期障害の症状で苦しむ方は、女性ホルモン補充療法や、漢方薬の治療を受けられます。この結果、更年期障害の症状が改善してくれればよいのですが、全く症状が改善しない方が多くおられるのも現実です。

また、病院で更年期障害の検査で、特に異常が見つからず
「原因不明」
「精神的な問題ですね」

などと言われる方も多いです。たくさんの病院に行ってみたり、薬がだんだんと増え、副作用に苦しまれる場合もあります。更年期障害の症状は、本当につらいものです。なぜ、更年期障害の症状が治らないのでしょうか?見つからない更年期障害の原因があるはずです。その原因について、ご説明いたします。

ホルモンバランスの乱れだけではない更年期障害の原因


女性には、女性の身体に必要な、女性ホルモンがあります。エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、子宮や卵巣の働きを保つために大切なホルモンです。

更年期障害の検査では、エストロゲンなどの女性ホルモン量が変化しています。しかし、ホルモンバランスの乱れだけが、更年期障害の原因なのでしょうか?

もし、エストロゲンなどの女性ホルモンの変化だけが、更年期障害の原因であるのならば、なぜすべての女性が更年期障害にならないのでしょうか?

更年期障害の原因が、女性ホルモンの変化だけならば、ホルモン補充療法で治るはずです。この疑問があります。更年期障害の原因を考えると、検査ではわからない部分にも問題があると考える必要があります。


隠れた更年期障害の原因として、
•自律神経の乱れ
•耳のトラブル

を考えなくてはなりません。

更年期障害の原因  自律神経の乱れ


検査で分からない更年期障害の原因として、自律神経の乱れがあります。自律神経とは、身体をいつも正常状態に保つために働く、大切な身体の仕組みです。

自律神経には、交感神経系と副交感神経系があります。例えば、交感神経系は、身体を活動的にする命令を出します。反対に、副交感神経系は、身体をリラックスさせる命令を出します。

この自律神経が、バランス良く働いてくれるおかげで、身体は正常状態でいる事ができます。

ところが、
•ストレス
•疲れ
•頑張りすぎ
•イライラ
•天候
•季節の変化

などによって、自律神経の働きが乱れます。これらが、更年期障害の原因となり、更年期障害の症状を引き起こします。主婦の方・お仕事で頑張られている方は、忙しさのあまり、ご自分の不調は、そのままにされている方が多いです。

この結果、自律神経のバランスに乱れが生じます。これらの方に、更年期障害の症状が起こります。更年期障害の症状を治すためには、自律神経の乱れを治さなくてはなりません。

更年期障害の原因  耳のトラブル


更年期障害の原因で、注目したいのは耳のトラブルです。特に、耳の奥にあります内耳(ないじ)と呼ばれる部分です。

内耳には、2つの大事な場所があります。
•音を聞くための蝸牛(蝸牛)と呼ばれる場所。
•身体のバランスを取るための、平衡感覚に必要な三半規管と呼ばれる場所。

です。この部分に、小さな炎症などがおこりますと、
•耳鳴り
•音が響く
•耳が詰まった感じがする
•難聴
•めまい
•立ちくらみ
•ふらつき
•フワフワ感

などの症状がおこります。これらは、更年期障害に良くある症状です。内耳の不調は、自律神経にも大きな影響を与えます。この結果、自律神経が乱れて、更年期障害の症状がおこりやすくなります。

耳の不調も、更年期障害の原因に大きく関係しているのです。耳の不調(特に内耳)の状態は、検査では見つかりにくい部分なのです。更年期障害の症状があって、検査をしても、原因が分からないとなります。

更年期障害の原因としては、
•自律神経の乱れ
•耳の不調

が大きく関係していると考えられます。どちらも、病院の検査では見つかりにくい部分なのです。ストレス、疲れ、頑張りすぎ、睡眠不足を続けると、免疫力が弱くなります。そうすると、更年期障害の原因である、自律神経の乱れや、耳の不調がおこりやすくなります。

更年期障害の方は、一生懸命頑張られている方に多いです。無理をされたのが、大きな原因です。エストロゲンなどの女性ホルモンの乱れだけが、原因ではありません。

更年期障害は、治療をすれば治る病気です。


更年期障害の症状を、そのままにしておくと、さらに悪くなっていきます。心療内科の病院に行かれる方も多くおられます。精神安定剤などの薬を、お飲みの方が多いです。

精神安定剤などの薬は、つらい症状を少し楽にしてくれるかもしれません。しかし、薬の副作用も心配です。いつまでも、薬を飲み続けることが、本当にあなたにとって良い事なのでしょうか?

薬を飲みながら、更年期障害の症状が続けば、普段の生活が出来なくなることが多くあります。更年期障害の症状は、しっかりと治す事が大切です。きちんと治療をすれば、更年期障害は良くなる病気です。

更年期障害を治すためには自律神経の治療が必要です

当院の治療では、薬を使わず更年期障害の症状を治します。薬を多く飲んでいる方には、身体に優しい治療です。更年期障害の治療で、ホルモン剤や、精神安定剤は飲んでいる方には、これ以上薬を飲まなくて良いので安心です。


1.自律神経の乱れを治します。

 更年期障害の症状をお持ちの方は、自律神経の交感神経の働きが、強くなりすぎています。この結果、更年期障害の症状が出やすくなっています。また、更年期障害の症状の影響で、精神的にも、肉体的にも疲れています。十分注意をしながら、治療をしなければなりません。


 当院の治療では、身体をリラックスさせ、呼吸をゆっくりとさせ、交感神経が敏感になっている状態を治します。


2.耳の状態を治します。

 耳の不調により更年期障害の症状は、出やすくなります。更年期障害の治療には、大切です。耳の状態を変えるポイントを治療します。目的は、耳の奥の血流を良くする事です。耳の奥に炎症などがおこりますと、耳の不調が出ます。この結果、めまい・たちくらみ・耳が詰まった感じ・耳鳴り・音が響くなどの症状が起こります。


耳の状態を良くする事により、更年期障害の症状を治していきます。これは、多くの病院で出来ない事です。

3.あなたの自然治癒力を高め、再び更年期障害にならなり、体質に改善します。

 自然治癒力とは、免疫力とも言われる、ご自分で、ご自分を治す力です。もし、あなたが病気になった場合、あなたがお持ちの自然治癒力が、更年期障害の症状を治してくれるはずです。しかし、ストレス・疲れ・頑張りすぎなどにより、自然治癒力が下がっています。


 この結果、更年期障害がいつまでも治らないのです。あなたの自然治癒力を上げる事により、更年期障害の症状を治します。


4.更年期障害の症状は、しっかりと治療をすれば治る病気です。

 更年期障害の症状は本当につらいものです。病院でもなかなか治らない事が多くあります。精神安定剤などをたくさん飲み、「精神的な問題でもあるのでは?」と考えられる方も多いです。


 「更年期障害」と言う病名は、本当に便利な名前です。なぜなら、検査で原因が分からない病気の場合、「更年期障害ですね。」と言われれば、ほとんどの方が納得されます。本当に更年期でホルモンバランスの乱れが原因ならば、なぜすべての女性に更年期障害の症状が出ないのでしょうか?じっくり考えれば、おかしいと思うはずです。



 更年期障害の症状は、しっかりと治療をすれば良くなる病気です。元気になって、今まで出来なかった事を、したかった事を、出来るようになってください。きっと「治って良かった。」と思うはずです。どうぞ、あきらめないでください。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692