何をしても腰痛・坐骨神経痛が良くならないあなたへ

もし下記の内容が1つでもあるのでしたら先の文章も読み進めて下さい。

つらい坐骨神経痛から解放されたいあなたへ

坐骨神経痛ってどんな神経?

坐骨神経は、末梢神経(脳と脊髄以外の身体の神経)の中でも最も太くて長い神経です。一番太い所で大人の親指くらいの太さがあります。腰椎第4、5神経と第1~3仙神経からはじまり、お尻の筋肉である梨状筋という筋肉の下を通って太ももの裏を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

つまり、坐骨神経痛とは、神経が腰椎の隙間から出て、骨盤をくぐり抜けて、お尻から出るまでのどこかで、神経が圧迫されて引き起こされる足のしびれのことです。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状の現れかたは、人によって様々です。

症状を詳しく説明していきますので、あなたの症状と似たところはないか照らし合わせてみて下さい。

坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。

症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。

また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。

《生活の中での坐骨神経痛の症状 》

・お尻から足にかけて、激しく痛んだことがある
・腰部に痛みが長時間続いたことがある
・重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある
・長時間立ったり、座っていると腰部が痛くなる
・長時間歩くと腰が痛くなる
・寝ている時腰が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
・朝起きたとき、腰がひどく痛くなる
・1日の終わりに足がひどく痛くなる
・足が痛くて、足を引きずるようにしないと歩けない(跛行(はこう))
・痛む方の足の血流が悪く、ひどく冷えてる

上記のような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

坐骨神経痛による痺れの感じ方は人それぞれ



神経痛とは主に「しびれ」と思っている方がいますが、その内容は様々で、坐骨神経痛を患っている患者様によって表現が様々です。

私は、坐骨神経痛で悩む方を1日に10~15人ほど診させていただいていますので、たくさんの症例や経験があります。

坐骨神経痛で悩む方の「しびれ」以外の表現を挙げてみますと、



・痛い

・痛い

・つっぱる(ハリがある)

・じんじんする(じ~んとする)

・熱い・ひやっとする

・ぼんやりする



などの表現があります。中には、太ももの筋肉痛や肉離れなどと思い、1~2週間様子をみても、なんら症状に変化がないので来院される方もいます。





『坐骨神経痛は病名ではない』のをご存知ですか?
一般的によく使う「坐骨神経痛」という言葉。実は、病名ではなく症状のことを言います。
坐骨神経痛とは、腰から足にかけて痛みやしびれがある症状のことなんです。
ですので、なぜ坐骨神経痛になっているかがとても重要です。

患者さんの中には、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症、腰椎分離症などの腰の病気からくる坐骨神経痛もあれば、

整形外科でのレントゲンでは異常がないと言われた方もたくさんいます。

レントゲンでは異常がないのに、坐骨神経痛!?
なぜ??と悩まれる方もいらっしゃいます。

でも、大丈夫です!!必ず原因があります。

当院ではそのような場合、骨盤、背骨、首、筋肉の緊張などの身体の歪み・異常をチェックして、坐骨神経痛の原因を探し出します。

実はこのような検査は病院では分かりません。
なぜなら、レントゲンやMRIの背骨の画像しか見ないからです。

当院は『痛み・しびれ』に特化した治療院ですので、坐骨神経痛の方が、普通の整体院よりたくさん来られます。

その分、坐骨神経痛の原因を見極め、施術し、できるだけ早く症状を改善させていくことが得意です。

坐骨神経痛の原因と改善法

坐骨神経痛の原因は、骨盤・背骨・首・筋肉の緊張・内臓と様々です。
一般的な腰の病気である、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などが腰から足にしびれの出る可能性を持った病気です。

ですので、これらの腰の病気が坐骨神経痛の原因になっていることが多いのです。
でも坐骨神経痛を訴える方の中には、病院でレントゲンを撮っても何にも異常のない場合もあります。
しいて言えば、腰の骨と骨の間隔が狭くなっていたり、腰の正常な反りがなくまっすぐだったり・・・。
こういった場合、原因が不明となり、何も分からないまま注射や薬を処方されるのです。

これっておかしいと思いませんか?

 
もしあなたが咳が長引くので内科病院に行って、検査をしてもどこの異常もみつからなかったので、とりあえず風薬を出されるようなものです。
病院では背骨や椎間板の異常、神経の圧迫などを検査するにはレントゲンやMRIなどがあるのでよいと思いますが、そこに原因がない場合は背骨や椎間板など場所以外に、骨盤、背骨、首、筋肉の緊張などをチェックしていかないといけません。

これらの検査をきちんと行い、坐骨神経痛の原因をつきとめることで的確な施術ができると言えます。

施術としては、身体の歪みを矯正していきます。

矯正と聞いて「怖い」イメージを持つ方もいるかもしれませんが、軽く触れているような優しいタッチで骨の位置を正しい位置に戻し、身体の歪みを矯正していきます。

1回目の施術から痛み・しびれ改善が期待できると思います。

そしてなぜ歪んでしまっているのか?ということも患者さんと確認しながら日常生活などの注意点も踏まえてご説明していきます。

そうすることで根本的に改善していけるからです。
そんな当院の施術を味わってみてくださいね。

病院や整体院にいろいろ通ったけど、
よくならない理由

理由は2つあります。
1つ目は、原因が特定できていない。
2つ目は、あなたに合った施術ではない。
当院の治療を受けると、その場で症状の軽減が期待できます!

当院の治療は、「AKA-AKS治療」を中心に様々な治療組み合わせた、当院オリジナルの治療です。
AKA-AKS治療は、軽く触れているかのような優しいタッチで、骨盤を中心とした身体の歪みを正して、痛み・しびれを改善するといったものです。
今まで、病院で腰の牽引やシップ、薬でまったく効果のなかった坐骨神経痛の症状もこの療法を使えば、まるで魔法のように症状が改善されたケースも少なくありません。

中には、病院に1年半、週2回通い続けて、まったく坐骨神経痛がよくならなかった方が、当院の3回の施術で腰から足のしびれが改善されたという方もいました。

同様に、整骨院、整体院でのマッサージ、骨盤矯正を受けたけど何も症状の変化がなかったような方でも、当院の施術で改善が期待できる方がほとんどです。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692