腰椎椎間板ヘルニアにコルセットは必要か?

あなたは腰椎椎間板ヘルニアからくる腰痛にお悩みでコルセットをした方がいいのか?しない方がいいのか?いつまですればいいのか?どんなコルセットが自分に合っているのか?・・・など答えがわからず困っていませんか?

これからコルセットの選び方や正しい使い方、そもそもあなたの症状にコルセットは必要なの?についてご説明していきます。

コルセット選びは症状や状態によってタイプが違います。

コルセットは市販のものから病院で作るオーダーメイドのものまで、多種多様にありますが、コルセットは症状や状態、目的に合ったものを選ばないと全く着けている意味がなかったり、逆に状態を悪化させてしまう事があります。

コルセット選びには、腹部や腰部の圧迫力や背中を支える支持力、体の動きを制限したり逆に動きを邪魔しないもの、ゴム素材など素材に柔軟性があるなど腰の症状や状態、目的に合わせてバランスを考えて選ぶ必要があります。

コルセットは大きく分けて2種類あります。

・軟性コルセット

一般的に良く使われているタイプのコルセットです。

金属やプラスチックステーなどを使わず、ある程度の柔軟性があり動きを確保したタイプで軽度から中度の腰痛や悪化・再発の防止を目的として使われることが多いコルセットです。

・硬性コルセット

中度から重度の腰痛に使われることが多いタイプで固定・安定力を高める為に後ろの部分に金属やプラスチックステーが入っています。

腰部と腹部の圧迫力があり背骨の支持性や体の動きを制限する事を主な目的として作られています。

あなたの症状にはコルセットは必要?

では、あなたの症状にコルセットは必要なのでしょうか?

仕事の内容や生活スタイル、運動をしているのかなどによっても変わりますが、腰の痛みが不快で気になる様ならコルセットをしてみるといいでしょう。(ただし、私自身はコルセットは出来るだけおススメしません)

あとは、立っていたり歩くのがツラいほどの強い腰の痛みがある場合や前にかがむ作業が多い場合は、固定力の強いコルセットを装着すると非常に楽になるケースが多いです。

コルセットの正しい使い方とNGな使い方とは?

コルセットはただ着けていればいいというものではなく、使い方や自分に合っていないものを使うと全く効果が無いか、逆に痛みが増したり筋力が落ちたりする場合があります。

コルセットの正しい使い方はまず、説明書通りの装着位置に腰の状態に合わせた適度な締め具合(圧迫度合)で着ける事です。

そもそもこれが間違っているケースが多くあるので注意して下さい。

NGな使い方は、家族が使っていたコルセットを使う方や骨盤用のコルセットを腰に使用する方がいらっしゃいますがサイズや用途など自分に合っているか確認してから使うことをお勧めします。

最後に

まず、コルセットや腰痛ベルトは腰痛のときに体を支えるお腹や背中の筋肉の働きを助け、安定させることで痛みを軽減させるためのものであり、腰痛を治すものではなく対処的なものだということを理解しておかなければいけません。

腰椎椎間板ヘルニアからくる腰痛症状が長引くとコルセットを装着することが当たり前になり、装着していないと不安だと言う方がいらっしゃいますが、コルセットを長期間使用していると腰周辺の筋肉が安定せず根本的な症状の解消にはならない事を覚えておいてください。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692