体外受精・人工授精に取り組んだあなたへ

不妊に妊活鍼灸が有効なのはご存知でしたか?

当院でも多くの方が施術を受け、妊娠・出産のお手伝いをする事が出来ています。




最新の研究データでは、体外受精の際に、

鍼灸を併用すると妊娠率が通常施術の26.3%も大幅に上回ったことが、海外の研究チームにより発表されております。

他にも、欧米の医療機関による臨床データが多数報告されていますので、

妊娠を考えている方、クリニックなどで専門的な医療を受けられている方は、

妊活をスムーズに進める為に不妊鍼灸を取り入れる事をお勧めしております。

鍼灸や整体は痛みの緩和や、悩みの解決や解消に取り上げられることも多いですが、

婦人科系のお悩みには特に力を発揮します。


不妊鍼灸はテレビや新聞などのメディアでも取り上げられるようになり、

妊活に対する鍼灸への信頼や信用が高まっております。


芸能人の方にもブログで紹介されていて、

体への負担が少なく安全なので、

妊活におすすめと口コミが広がり人気です。


当院でも、以下のような成果を上げる事が出来ております。

毎週妊娠報告を頂き、多くの方の妊娠・出産をサポートしております。

患者さんとの信用・信頼があっての成果だと思います。

不妊鍼灸を行うことで、妊娠率をアップする5つのポイントがございます。

あなたの体にある力を最大限に生かすのが東洋医学の考え方ですので、副作用などが少ないのが特徴です。

不妊でお悩みの方は、特に骨盤の歪みが、子宮や卵巣などの骨盤内に悪い影響を与えていると考えています。

体の基礎である骨盤が歪んでしまうとバランスが崩れて血行不良を起こしてしまいます。

首〜腰の背骨や骨盤などの骨格の捻れを正しい位置へ矯正する事により、

体のバランスが良くなり、神経系・血液やリンパの流れが整います。

結果として、骨盤内の血流が上がる事で妊娠出来る力を高め、

肩こりや腰痛、辛い生理痛などの体の捻れや歪みなどからくる不調にも痛みの緩和。

悩みの解決解消も同時に行います。

不妊でお悩みの多くの方には、体に冷えが入っている事が非常に多いです。

東洋医学では、体が『冷えている』『熱がある』これらの状態を判断する事を重要視します。

ご自身で冷えを自覚されている方は東洋医学を取り入れましょう。

不妊治療では骨盤内と下半身を温める事が妊娠力を高める上で大切です。

鍼灸や赤外線で、お腹や腰・下半身をしっかりと温めていきます。

不妊鍼灸でツボをピンポイントで捉え、赤外線で広範囲に温める事によって、

筋肉の凝りや緊張が緩み、血流が増える事により、体から冷えを取り除いていきます。

西洋人は平熱が高いので、西洋医学では『冷える』という考え方や、

『温める』温活についてはあまり重要視しません。この体を温める事は東洋医学独自の考え方です。

施術の後に温泉に入った後のポカポカするような効果効能を感じられます。

下半身は冷え、上半身が熱く、のぼせている方が非常に多く見られます。

下半身が冷えていると、お腹の中に冷たい血液が流れてしまいますので、

下半身の冷えを解消することが最優先となります。

体内のホルモンバランス・自律神経が整うことによって、

生理周期が安定し二層相の基礎体温がみられてきます。

生理周期が整う事は、タイミングを合わせやすくなり、クリニックでの治療もスムーズに進める事が出来ます。

クリニックの治療ではホルモン調節によって、生理周期が崩れてしまう方も非常に多いですので、

クリニックと併用される方も多く来院しております。

妊娠〜赤ちゃんの成長までに最も重要なのは『卵の質』です。

不妊症とは言いますが病気ではありません。

当然身体的に問題がない方がほとんどです。

クリニックでは対応しきれない部分を鍼灸や整体からアプローチしていきます。

卵巣の血流が改善される事によって、成熟度が向上するので質の高い卵子に出会える確率が高まります。

特にAMHの数値が悪かった方は諦めるのはまだ早いです。

鍼灸や整体を取り入れる事をお勧めします。

年齢以上に卵の若返りや、卵子の老化を止める事は基本的には出来ませんが、

体を整える事によって、成熟した質の良い卵に出会える可能性は高まります。


・タイミングはバッチリなのに、上手くいかない

・採卵が上手くいかない

・採卵は出来ても、分割が上手くいかない

・胚盤胞を何度移植しても、上手くいかない

・一度も陽性判定が出た事が無い


このような状態の方は卵の質が低下している可能性が高いです。

卵の状態が悪ければ、ステップアップしても中々良い結果が出ません。

卵の状態が良くないのであれば、

お早めに鍼灸や整体を受けられる事をお勧めします。

生理周期に合わせて施術方法を変えて行きます。

排卵から着床の時期に関しては、

卵巣や・子宮に関連するツボに鍼灸を加える事によって、

子宮の血流が増加する事により新鮮な血液が集まり、

子宮内膜が厚くなることで着床率が高まります。

受精卵が着床する際には、フカフカした温かい子宮内膜が理想的です。

子宮環境が整うことは着床後の胎児の成長にも直結して行きます。

受精卵自体に問題が無い場合は、

子宮環境を整える事によって、良い結果が得られ易いです。

胚移植の際には、施術をするのにベストのタイミングがあります。

この時に鍼灸と整体を受けるか受けないかで妊娠率が変わってきます。

タイミングや人工授精の方は妊娠を目指すと共に、妊娠体質への体質を変えていきます。

体外受精の方であれば採卵・移植を最低限の回数で成果をだすことだけを考えます。

妊娠判定が出てからは妊娠の維持と、出産に・育児に備えてサポートをしていきます。

※初めての施術が移植時ですと、骨盤の矯正が適切に行えない場合があります。

移植時に備える為にも移植前の準備が重要ですのでタイミングが合う方はいらして下さい。

体の状況、クリニックでの段階によってさまざまですが、

採卵が済んで良好な卵が確保出来ていて、移植で上手く行かない場合は、

まずは3ヶ月間の不妊鍼灸整体で妊娠成立と維持に向けて体を作りをしましょう。

採卵が上手く行かない場合は、

卵の質の向上の為に6ヶ月間の不妊鍼灸整体で体を作る事をおすすめしております。

このように、期間を決めて計画的に施術を行っておりますので、

当院をご利用いただている患者様の9割が35歳以上にも関わらず、

3ヶ月間の通院で46.3%、6ヶ月間の通院で68.7%の方が妊娠に至っております。

※2012年10月〜2016年12月のデータ


半年〜1年かけて妊娠・出産へ向けて様々な角度から体づくりをしていくことで、

赤ちゃんを授かる準備をしていきます。

それでは先輩方の声をご覧ください

33歳 主婦 女性 通いはじめた事がターニングポイントに、現状を変えたいなら行動に移す勇気も必要。我が子に会えるのが楽しみです。『妊活を始めてどれくらい経ちますか?また、今までの治療履歴・状態を教えてください。』
2012年に一度自然妊娠しましたが5Wで流れてしまいました。その後・半年位は自分自身で基礎体温とタイミングをはかっていましたが、結果は出ませんでした。それから一般の産婦人科でタイミング方と時々ホルモン注射をやってみても10か月結果なし、専門の不妊外来へ転院し、初めはタイミング法を4か月、その頃からこちらでもお世話になり約3か月後に二度目の人工授精で授かりました。

『当院に通院するようになって症状や体の状態はどのように変化してきましたか?』
元々、体温も血液検査でもそれほど悪くないと言われていたのでずっとタイミング法で頑張っていたのですが、唯一自分が気になっていたのは下半身の冷えでした。通院するうちに冷えも良くなってきた頃、高温期が14日以上続きはじめ妊娠反応がでるまであと一歩と言われるようになって割とすぐに結果につながりました。



『体調が回復して1番良かったこと、嬉しかったことは何ですか?』
もちろん妊娠できた事です。今、8か月。もうすぐ我が子に会える事。



『同じような症状で悩んでいる方へのアドバイスやメッセージがあったら教えてください。』
私の場合、こちらに通院を始めた事がターニングポイントだったと思います。通い続けるのは大変だけれど継続することは大切だと思います。又、現状を変えたいなっと思うなら行動に移す勇気も必要かなと思います。
主婦(幼稚園の先生) 35歳 女性 病院では夫婦共々悪いところ無し。でも結果が出なかった…。準備が出来た頃、妊娠。本当に嬉しく感謝です!『妊活を始めてどれくらいた経ちますか?また、今までの治療歴・状態を教えてくだい。』
初めて病院に行ったのは…だいぶ前ですね。私にも主人にも悪いとこなし!が結果で…じゃあどうすりゃいいの?が正直なところ(笑)でした。

『当院に通院するようになって体の状態はどのように変化してきましたか?』
基礎体温はビシッと毎月上がって下がったり優等生クラスだったのに通院をはじめて1か月…あれ?すごくくるったとビックリ。しかし体を整えるということはそういう変化も含めて見通しをつけての治療なんですよね。私は先生に完全におまかせしていました!

『体調が回復して1番良かったこと、嬉しかったことはなんですか?』
まずは冷え性の改善、体重を増やして…体を整えて妊娠にそなえました。準備が出来た頃、妊娠。本当に嬉しく感謝です!

『同じような症状で悩んでいる方へのアドバイスやメッセージがあったら教えてください。』
どこも悪くないです…「タイミングを見ながら待ちましょう。」と言われて数ヶ月、1年とたってしまってはどんどん時間がたちますよね。毎月のチャンスがもったいない…。自分自身で出来ること(食の改善や運動、ストレッチ等)と専門家のアドバイス(病院や整体治療)それからリフレッシュも忘れずに!!まずは自身の準備をととのえてその日を待ちましょう。決して一人ではないですよ!!

PS 
先生11月に生まれたケントはあっというまに4か月半約7kgです。私たち家族が今、にぎやかに楽しい毎日をすごせているのは先生のおかげです!ありがとうございました!!

Q:持ち物などは必要ですか?

A:初診の際に、基礎体温表・ホルモン値検査表・精液検査表、今までの記録があればお持ちください。着替えは専用の施術着がございますのでこちらに着替えていただきます。

Q:施術頻度はどのくらいが理想ですか?

A:体の状態にもよりますが、当院では妊娠率が高い週に1回のペースを推薦しています。これは体の変える為の施術頻度なので、月に1〜2回の施術の方は妊娠率が低くなっています。また体外受精では胚移植後の特別なタイミングに施術を入れる場合もございます。

Q:生理周期のどのタイミングで伺えば良いですか?

A:クリニックの予定の隙間にいらしてください。その時の生理周期に合わせた施術を行います。生理の時であれば出血をしっかりと起こしてリセットを促し、卵胞期であれば卵巣に血液を送るツボを選択し、着床の時期であれば子宮に血液を送るツボを選んで施術をするといった感じです。初回が移植後ですと選択出来る施術方法が限られてしまいますので、計画を立てて移植を迎えて頂きたいです。

Q:自然妊娠を希望しているのですが受け付けていますか?

A:自然妊娠を希望される方〜高度医療と併用されている方まで幅広く対応しております。あなたの状態に合わせて不妊鍼灸・整体を組み立てて行きますのでご安心ください。

Q:一度相談してみたいのですがどうしたらいいでしょうか?

A:ホームページからのメール相談・LINE相談は無料で受付けていますのでご利用ください。(返信にお時間が掛かる場合がありますのでご容赦下さい)

Q:施術時間はどの位ですか?

A:初回はカウンセリングと施術で約一時間、二回目以降は約45分を目安にしてください。体の状態により時間は前後しますのであくまでも目安の時間としてお考えください。

Q:妊娠判定が出たらどうすればいいですか?

A:妊娠おめでとうございます。妊娠判定は出産へ向けてのスタートです。これより10ヶ月お腹の中で赤ちゃんを育てていかなくてはいけません。出産して元気な赤ちゃんを育てる事がゴールですので、妊娠判定が出たとしても施術を継続する方がほとんどです。妊娠中はつわりがでたり、風邪を引いても薬が飲めなかったり、逆子になってしまったりと、想像している以上にハードです。特に体外受精で授かった方の切迫や破水のトラブルが非常に多いです。妊娠判定が出てからは妊娠の維持と出産へ向けて施術を継続される方がほとんどです。

近年においては3組に1組のカップルが不妊で悩んでいる状況で、
これは先進国において大変深刻な問題で、今後も増加をして行くと言われています。

2015年には不妊の定義が2年だったのが1年になりました。

医学の進歩によって高度生殖医療、不妊治療の実績も高くなってきましたが、

35歳〜39歳の体外受精での妊娠率は25%程度、40代になると10%代が現実の数字です。

これは75%以上の方は妊娠に至らないと言う事を意味します。これが科学の力の限界です。

不妊クリニックだけではこの数字が上限ですので、鍼灸や整体を併用する事で、妊娠率を上げられる事が解っています。

楠本整骨針灸院での妊娠率は、3ヶ月以上の治療継続で43.3%、6ヶ月以上の治療継続では64.2%、の方が妊娠されていますので全国的にみても高い数字を誇っております。

不妊鍼灸治療や整体などで体を整える事によって、

良質な卵や子宮環境が得られれば、妊娠率を上げて行くお手伝いが出来ます。

最先端高度生殖医療と2000年の歴史のある鍼灸治療は、正反対の組み合わせのようにも思えますが、実は非常に相性の良い施術法です。

思うような結果が得られない方は鍼灸・整体を取り入れる事をおすすめしたいと思います。      

楠本大貴

私が、あなたの妊活の強力なサポーターになります。

楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊36-7
0739-20-5692