ブログ

Blog

和歌山県内でぎっくり腰の原因を適切に見つけ改善できる治療院が田辺市にあります


【普通のぎっくり腰なら1回の治療で十分です】

2日前にぎっくり腰になり、昨日いつも行っている整体院に行ってマッサージをしてもらったら、今日はさらに痛みが強くなっていた。仕事も休んでいるので、どうにか早く治したいと、来院された41歳男性の患者さん、実際に体に触った治療時間は約3分、普通に歩けるまでに回復しました。

この患者さんは、1週間後に最終チェックを行い卒業予定です。

毎年1回はぎっくり腰になるあなたへ
そろそろぎっくり腰になってしまう根本原因を改善して、ぎっくり腰にならない体を作りませんか?

2018/4/20

腰痛に苦しむ学生さんを一人でも少なくしたい|和歌山県みなべ町・上富田町・白浜町在住のあなたへ

最近中学生や高校生の腰痛で悩んでいる方の来院が増えております。

そこで、今回は10代の学生さんの腰痛についてお伝えしていきます。


腰痛に悩む学生が増えている!?


最近10代の学生でも腰痛に悩む方は増えてきています。10代はまだ体も健康で悩みなどはないように思えますが、朝から夕方までイスに座って勉強し、その後塾や家庭でも勉強を続けていると、椅子に座っている時間はかなり長時間になってきます。それが毎日の事となると、いくら若いといっても腰への負担はかなり蓄積されていきます。


長時間同じ姿勢で過ごすことが腰痛の原因になる


さらに最近ではスマホを長時間見るようになり、猫背で首が曲がった状態を続いている若い方も多いですよね。

このような姿勢が腰痛に拍車をかけています。
長時間悪い姿勢を続けていると、腰や背中、首の筋肉が緊張して凝り固まってしまいます。中年以降の方は体の痛みに敏感になっているのでその都度ストレッチなどでほぐすことができますが、若い方の「まだ大丈夫」という余裕こそが、慢性的な腰痛を招く引き金となってしまいます。

若くても、姿勢を意識して時折ストレッチで体をほぐすことを心がけましょう。


運動不足も腰痛の原因に


最近は昔に比べて学生の運動量が減っているといわれております。
運動不足の状態が続くと筋肉が衰え、体をしっかり支えることができなくなります。また、体重の増加によって足や腰への負担も大きくなり、若くても腰痛に悩まされるようになってしまいます。
若いうちから、休日や学校帰り、仕事終わりに適度な運動をする習慣をつけていくことで、腰痛を防いで健康的な体を目指すことができます。


今の腰痛をまずはしっかり解消して、楽しい学生生活を満喫していただきたいと思っております。

2018/4/19

野球肩は最適な治療を最適なフォーム作りが大切です|スポーツ障害なら和歌山県田辺市の楠本整骨針灸院へ

当院には、投球障害に悩んでいる野球選手も多く来院されます。



・胸を張った時の肩の前の痛みを治してほしい

・肩の中の方の痛みが気になるからチェックしてほしい

・ボールをリリースした後、肩の後ろ側が痛むのでなんとかしてほしい

・肩甲骨の下のあたりがこすれるような感じがして痛い

・肘の内側の痛みが長く続いているのでなんとかしてほしい

・肘の外側の軟骨が炎症を起こしていると言われた

・投球禁止と言われたが出来る限り早く復帰したいので何とかしてほしい

・2か月も投球を休んで痛みが引いたが、投げ始めたらまた痛くなってきたので治してほしい

・投げ終わった後、上腕や前腕の外側がジンジンする

・ボールを離す瞬間に肘が痛いので診てほしい



このような症状で悩んでいる方が多くおられ、全て当院で解決出来ます。



あなたの症状も上記に当てはまるようであれば、今すぐにご連絡ください。

2018/4/19

田辺市・みなべ町・白浜町・上富田町で腰痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症を根本的に改善したいあなたへ

あなたは、AKA-博田法(AKA治療)という治療法をご存知でしょうか?

この治療法は「仙腸関節」という骨盤内の関節を中心に治療していく方法です。

仙腸関節は上半身と下半身を繋ぐ重要な関節なので体重の重みに耐えかねて、あるいは仕事の姿勢、運動などにより機能異常(『ズレ・ゆがみ』)を起こしやすい場所です。

関節運動学的には、この仙腸関節は1~2ミリ程度の遊びがある関節ですが、この遊びがなくなった状態が関節機能異常です。

この関節機能異常は、Ⅹ線には写らないので病院でレントゲンを撮っても『骨に異常はありません』という診断をされてしまいます。

病院にいったものの原因がわからず、湿布と痛み止めを出されただけだった、などが起きるのはこの為です。

当院では、治療のベースとして、この関節を手技によって動かすのですが、突発的な強い力ではなく、とてもゆるやかで正確な操作で動かすことができます。(おそらくあなたがこれまで受けてきた様々な治療法の中で一番ソフトな治療です)


とても安全な治療法で、妊婦さんでも何ら問題なく治療出来ます。


仙腸関節だけに問題があった場合は、仙腸関節の機能異常が元に戻ると今まであった痛みは解消もしくは著しく軽減します。


この仙腸関節機能異常が基となり、いろいろなところへ関連痛として痛みが現れる場合があいます。


たとえば、腰痛を治療する為に仙腸関節のAKA治療を行うと、長年苦しんできた肩凝りが無くなってしまった。という事も頻繁に起こります。


腰痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症で手術しかよくなる方法が無いと医師から言われていた方が手術をしなくても仙腸関節の動きを良くしてあげただけで治ってしまう事が非常に多くあります。

それは本当の痛みの原因がレントゲンに写って手術が必要と思われていた場所ではなく仙腸関節の機能異常だったという事です。


もし、この患者さん達が手術を行っても、全く症状が変わらない・又はさらに悪くなったという事になる可能性が高いです。


私は、いろいろな治療をしてみる前にまず仙腸関節の機能異常を治してみて変化があるかどうかを調べてみることが治療の第一歩だと考えております。

和歌山県内でこの仙腸関節の機能異常を最善の方法で最速で改善できる、AKA治療・AKS治療が行えるのは唯一私だけです。

ぶつけた、捻った等の思い当たる原因がなく、いつのまにか痛みが出てきた症状はまず仙腸関節の機能異常をチェックする必要があります。治療後すぐに、痛みの変化を実感できる方が多いです。しかし、機能異常が起きてから時間が経っている場合では、関節を支えている靭帯に柔軟性が無くなっていたり炎症を起こしている場合も多くあります。



・関節の機能異常だけで炎症がない場合はすぐに良くなります。


・炎症を伴っている場合は、治療後3日~1週間で良くなります。


・治療後10日経過しても全く体に変化が見られない場合は、関節の問題ではなく、筋肉や神経の問題です。



私のAKA治療・AKS治療は毎日行う必要はありません。

特に症状のひどい方でもはじめのうちは週に一度くらいでほとんどの方は2週間から4週間に一度の間隔で十分です。


病院で手術しかないと言われた、これまでどこにいっても何をしても良くならなかったあなたへ



一度当院の治療を受けてみてください。

2018/4/18

和歌山県内で線維筋痛症を改善できる治療院を探しているあなたへ|全国各地から痛みを治すために来院されている治療院が田辺市にあります

あなたはこれまで、どんな治療を行ってきましたか?

病院で線維筋痛症と診断されてないですか?

当院には和歌山県内のみならず、大阪府や三重県・奈良県などからも非常に多くのどこにいっても何をしても良くならなかった患者さんが来院されております。



線維筋痛症とは、痛みを主な症状とする慢性疾患です。痛みが生じる部位は筋肉や関節など全身に及びます。

このほかにも、からだのこわばり、不眠、頭痛など、自律神経の乱れに関連した症状を伴うことがあります。

線維筋痛症の痛みの感じ方には個人差があり、耐えがたい痛みを自覚する方も多くいらっしゃいます。線維筋痛症は40~50歳代に発症する方が最も多く、また男性よりも女性に多い病気です。

線維筋痛症を発症している方は、日本で約200万人と推測されています。

しかし、実際に病院を受診して線維筋痛症と診断され、適切な治療を受けている方は年間で約4,000人前後にとどまります。

線維筋痛症からくる痛みなどの症状に悩んでいるにもかかわらず、ご自身が線維筋痛症であることを知らずに日常生活を送っている方は少なくありません。また線維筋痛症であることが分かっていても、治らない病気とあきらめている方もいらっしゃいます。



当院では全身の状態を整えるAKA治療・AKS治療を中心に治療を行い、どこにいっても何をしても良くならなかった線維筋痛症の患者さんを改善に導いております。



あなたの線維筋痛症もきっとよくなります。

2018/4/18
1 - 5件目 / 全54件 12345678910
楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊36-7
0739-20-5692