ブログ

Blog

腰痛に悩む介護士さんへ

平成21年の厚生労働省の調査によると、

業務上疾病の発生の約6割以上を

腰痛が占めているようです。

介護福祉士を含む「保健衛生業」が、

その中の約24%を占めており、

最多となっております。

製造業でも16%ですので、

いかに「保健衛生業」が

腰に負担のかかる職業だと言う事が分かりますね。

(もちろん24パーセントの中には

看護師さんなども含まれています)

ベッドから車いすに移したり、

車いすから便器に移したり、

入浴の介助やトイレの介助といった事に、

寝返りが打てない人の体位変換や、

着替えを手伝ったりと、腰にとって、

負担の大きな仕事ばかりです。

腰痛の対策としては、

腰を丸めず反らすようにして介助をしたり、

色々なサポートグッズがありますので、

それらを上手に利用してください。

あとは、抱きかかえて

移動させるような時は

腕や背中だけに力を入れず、

下っ腹やおしりに力を入れると、

比較的腰の負担が減らせます。

2018/1/5

頭痛!!ボチボチ治しませんか?

頭全体がズキズキ疼く頭痛から、頭の片側がズキン!ズキン!と脈打つように痛み片頭痛。

毎回市販薬で頭痛を抑えているという方が多いと思います。



ここでは慢性頭痛の治療法についてお伝えしますね!



・色々な検査をしても頭痛の原因がわからない・・・

・痛み止めの薬を1日3回飲んでなんとか耐えている・・・

・雨の日が辛い。雨の前の日から頭痛を感じている・・・

・もう10年以上頭痛と付き合っている・・・

・出かけていても頭痛が起こらないか不安で仕方ない・・・



頭痛は女性に多いと言われており、年代では20代〜40代に多く見られています。

この年代の女性は学生から社会人に環境が変わったり、結婚、出産、育児と環境がめまぐるしく変化します。



人生においても最も変化の激しい、忙しい時期です。



忙しいからとりあえず症状を鎮めるために鎮痛剤を服用しがちですが最近では※「薬物乱用頭痛」と呼ばれる頭痛に悩まされている方も増えています。



※頭痛薬の飲み過ぎにより逆に頭痛が起こるようになった状態を指します

以下のような状態の方が薬物乱用頭痛の可能性があります

・月に15日以上頭痛がある

・急性・慢性の頭痛治療薬を90日以上過剰摂取している

・だんだんと頭痛薬の効果を実感できなくなっている

・朝起きた時から頭痛がひどい



頭痛は女性にとって人生を大きく変えてしまうかもしれない症状です。

でもいつも感じてるし、たかが頭痛だし・・・

と甘く考えて一時しのぎにしてしまう症状です。



日常生活に支障がある場合は、我慢することなく、適切な処置を受けてくださいね!



頭痛の治療に薬はだめ!?



病院では頭痛薬が当たり前のように出されますよね。

基本的には整骨院や鍼灸院では頭痛薬なんか飲んだらダメ!と言われます。



あなたもそんな経験はありませんか?



頭痛になっている人ならお分かりだと思いますが

本当に頭痛が発生すると何もする気起きないですし、実際出来ませんよね。



もちろん飲みすぎはダメですが、私は臨機応変に使用すればいいと考えています。



薬が効かない頭痛とか長年続く頭痛と聞くともう諦めるしかないのかな?

と考えてしまう人も多いかと思いますがそんなことありません。



体のありとあらゆるバランスと整えていくことで

筋肉を柔らかくし、神経のバランスを整えて身体の働きを正常に持っていくことで頭痛は治っていきます。



本当に頭痛薬は禁止なのか?

よく頭痛薬をやめなさい!という先生がいますが、

「お前この頭痛に耐えてみろ!!」て感じですよね。



どうしても辛い時は頭痛薬で症状を抑えましょう。



注意しないといけないのは、このままだと頭痛がひどくなりそうだから

ひどくなる前にのもう!というのは控えてください。



それをしている限り頭痛薬から離れられません。



大事なのは、根本的に身体のバランスを整えて体全体を治療していくことです。

諦めずに、無理して我慢せずに頭痛と向き合っていきましょう!





現在、頭痛のあなたの為に特別なキャンペーンを行っておりますので一度チェックしてみてください。

2017/12/22

大掃除で腰を痛めないようにする方法は

腰に負担をかけない

荷物の持ち上げ方を知っておきましょう



これから年末にかけて、大掃除など、何かと荷物を運ぶことが多くなるシーズンです。



私たちは日常生活の中でも、荷物を持ち上げる動作というのをとても頻繁に行っています。



その重さによっては、何度も持ちあげているのに気付かず、

気が付いたら腰に負担がかかっていて痛めてしまっていた、というようなことも起こってきます。



一番動かなければいけない時期にぎっくり腰やひどい腰痛が出ないよう、

腰にあまり負担がかからない物の持ち上げ方というのを学んでおきましょう。



物の持ち上げ方というのは、宅配業者さんや引っ越し業者さんを見ているととてもよく分かります。

彼らの動きをチェックしてみましょう。

必ずと言っていいほど、重たい物を持つ際には腰を落としてから持ち上げていますよね。



そしてもう1つ、きちんと荷物の正面に陣取ってから持ち上げています。

これこそが、腰の負担を軽減する持ち上げ方のポイントになります。



荷物の正面の位置に立ち、膝を曲げて腰を落とします。



できるだけまっすぐな姿勢を保てるよう、足は荷物から離れすぎないようにします。



そして、腰をひねったりしないように気を付けて、ゆっくりと持ち上げましょう。



これで腰にかかる負担は最小限で済ませることができます。



ただし、あまりに重たいと感じた際には、台車を持って来るなどの工夫をした方が無難です。



反対に、腰への負担を考えると決してやってはいけないのが、

しゃがまず立ったままで床置き、またはテーブル置きの荷物を持ち上げることです。



床置きの荷物を、膝を伸ばしたまま、

腰と腕、背筋の力で持ち上げるような形だと、確実に腰を痛めてしまいます。



女性はヒールをはいたままこの姿勢になることがあるかもしれませんが、足元が不安定であると、

床にしっかり踏ん張れないため腰や背中、腕への負担がさらに増すので気を付けましょう。



そしてもう1つ、目の前ではなく、

少し遠くにあるものを腕を伸ばして持ち上げようとする動きにも要注意です。



腕の力だけでは当然持ちあがりませんから、足や腰に力が入りますよね。



前かがみの姿勢は腰への負担が直立に比べて3倍にも4倍にもなると言われています。



こうやって持ち上げた時にぎっくり腰になってしまうこともあります。



出来る限りこれらの動きは避け、面倒でもきちんと座ってから荷物を持ち上げるようにしましょう。

2017/12/15

妊娠中の腰痛・頭痛で気分が良くないあなたへ

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて、体重の増加、バランスの不均衡、お腹が前下方に引っ張られることで腰椎や胸椎周辺の負担が増し、肩こりや腰痛、膝の痛みなど様々な身体の不調が現れ、悩んでいる方は少なくないと思います。



妊娠中のため薬を使用することは出来ませんので、赤ちゃんのために辛い症状を我慢し体調の悪化から強いストレスを抱えてしまう方は多いのではないでしょうか。



和歌山県田辺市の楠本整骨針灸院(治療院)では、そのような妊婦さんのためのマタニティーケアを積極的におこなっています。



症状がありながら赤ちゃんのために我慢してしまうストレスは、自律神経や内分泌などの機能に影響をきたし、母体の内部環境を悪化させ、お腹の赤ちゃんにも良い影響を与えません。



当院でおこなうマタニティー治療は、妊婦さんの身体にはももちろんのこと、お腹の赤ちゃんにも安心で優しい治療です。



特別にお医者さんから何らかの指示が出ている方以外は、どのような症状に対しても施術をしていくことが可能です。



楠本整骨針灸院のマタニティー治療で、お母さんの肩こりや腰痛、冷え性やダルさ、むくみ、疲れをスッキリと取り除き、良好な体内環境で赤ちゃんを健康に育んであげてください!!

2017/12/12

妊娠中の腰痛・頭痛、マタニティーケア



「 妊娠初期から腰が痛くて痛くて…。でもうつ伏せにならなきゃいけないと治療は受けられないと思い込んでいて。相談したら妊娠中でも安心な施術方法だとわかって通いました。おかげさまで腰痛もすっかり良くなり、幸せな妊娠生活を過ごすことが出来ました(^○^)」



当院の治療は妊娠中でも大丈夫です。



絶対にお腹の子供に負担がかからない様、万全の体制で施術をしますので、出産予定日前日まで、施術に来ている方も少なくありません。

妊娠中は骨盤などの状態によって腰痛になりがちです



でも「妊娠中は施術を受けられない」と思い込んでいるママさんが非常に多いのが現状です。



しかし当院では、その様なママさんを救ってあげたい!との思いから極力お体に負担がかからない非常に優しい方法で治療しております。



これまでたくさんのママさん達あ腰痛から解放され、楽しい妊娠生活を送っていただいております。

2017/12/12
6 - 10件目 / 全20件1234
楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊978-1
0739-20-5692