ブログ

Blog

和歌山県内だけでなく大阪府・奈良県・三重県からも腰痛・坐骨神経痛を本気で改善したい方の集まっている和歌山県田辺市の腰痛治療院

日高町 女性 47歳 「腰から足が痺れて動かなくなりましたが・・・」 腰痛と痺れが完治した症例


今回は腰痛から足のしびれが始まった患者さんの改善例をご紹介いたします。



この患者様は1週間前に仕事中に腰痛が始まり、その後左ふとももの内側と前側にしびれが出てきて不安を感じて来院されました。




まず骨盤の仙腸関節を検査すると、左側の仙腸関節に問題がありました。

それと太ももの内側と前側にビリビリした感じのしびれがあり、触ったりズボンが擦れることでそれが強調される状態でした。




治療はまずAKA・AKS治療で仙腸関節の動きを正常に近づけます。



その後、腰椎の2番と3番の間にある椎間関節、1番と2番の間にある椎間関節を順次動かしてあげることで、まず腰痛が緩和され、その後徐々にしびれも改善されていき、週に1回1ヵ月間施術を行い、それから1ヵ月後の来院時にはしびれはほぼ消失していました。



この患者さんは症状が出現して1週間後の来院でしたので非常に早期に改善しましたが、しびれは時間が経過すればするほど回復が遅れる傾向にあるので、症状に気づいたら早めの来院をお勧めいたします。

我慢すればするほど、完治までの期間も長くなる可能性が上がってしまいます。

2018/4/17

シンスプリントで悩んでいる方を一人でも多く救いたい。和歌山県新宮市や那智勝浦町・串本町からも多くのスポーツ選手が来院されております。

あなたはシンスプリントという症状をご存知ですか?

シンスプリントとは脛骨過労性骨膜炎の事を指し、ひざより下の骨の内側が痛んできます。

スポーツをやっている方、特に短距離や長距離をする陸上選手、バスケット選手や野球選手、最近ではエアロビクスなど走りこんだりする事の多いスポーツ選手はよくなりやすいスポーツ障害です。

特に中学生や高校生など学生の時に、試合が近づいて練習に打ち込み、追い込みすぎて痛めてしまうのはよくあるケースです。


また、高校や大学の新入部員や合宿などで練習量が急激に増加した時に発症する事が多いので、その時期は、特に注意が必要です。


スポーツ障害で苦しむ学生の代表例がオスグット病とシンスプリント(過労性骨膜炎)です。

当院には、和歌山県内だけでなく、県外からも噂を聞き通院される方がたくさんいます。

シンスプリント(過労性骨膜炎)は、「練習をやめないと治らないし、時間がかかる」とよく言われます。

しかし、当院では、治療終了後多くの患者さんが「あら???痛くない!!先生!ジャンプしても痛くない!!」「痛みの感じが変わった」と言われます。

シンスプリント(過労性骨膜炎)は2~4週間でほとんどの方が当院の治療により改善します。

2018/4/17

シンスプリントの痛みを早く治したい、もうすぐ高校最後の大会がある。和歌山県田辺市や上富田町・みなべ町近郊に住んでいるスポーツを頑張っているあなたへ。

スポーツ障害はスポーツをしている方にとっては深刻な問題となることもあり、どれだけ気を付けていても起こる時には起こってしまう症状です。

学校の部活動でスポーツをしている学生、プロとして活躍しているアスリート、趣味でスポーツを楽しんでいる愛好家の方など、どんな立場でもスポーツ障害への正しい知識を持つことが、スポーツ障害を防止するためには大切です。

和歌山県田辺市の楠本整骨針灸院・和歌山せぼね整体院ではスポーツ障害へのご対応にも力を入れ、それぞれの症状やお身体の状態、回復状況、ご要望などに合わせたサポートを心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

スポーツ障害と一言でいってみても様々な症状があり、それぞれの競技によっても起こりやすいケガや故障には違いがでてきます。

和歌山県田辺市の楠本整骨針灸院ではスポーツ障害に関することはもちろん、それぞれの競技についても理解を深めてご対応しておりますので、どうぞ安心してご相談ください。

練習や試合をできるだけ休みたくないという場合も、無理のない範囲で参加できるように最適な方法を一緒に考えながらご対応いたします。

スポーツ障害は一度発症すると再発する確率が高いですが、和歌山県田辺市の楠本整骨針灸院では根本改善を目指すことで再発しにくい身体作りと、ケガや故障が起こりにくい丈夫な身体作りについてもお手伝いをいたします。


陸上競技やサッカー・バレーボール・バスケットボールなどで最近、シンスプリントやオスグット病で、思うようにスポーツを楽しめていない学生が非常に多くなっております。


1日も早く適切な治療を行う事が、1日も早く楽しくスポーツを再開できる近道です。

2018/4/17

朝起きる時に腰が痛い・寝返りを打つ時に腰が痛い和歌山県田辺市・上富田町在住のあなたへ

あなたは今、薬を飲んでもストレッチをしても近所の整骨院に行ってもなかなか改善しない腰痛にお困りではありませんか?


腰痛は、寝ている間の姿勢にも注意する必要があります。


1日の3分の1程度の時間、同じ姿勢を続ける寝方ですから、腰痛の改善に効果的な寝方を知っておきましょう。


今回は腰痛にいい寝方、逆に悪い寝方もご紹介いたします。


1.腰痛には横向きに寝るのがおすすめ

腰痛を改善するには横向きで寝るのが一番おすすめです。


横向きは腰への負担が少なく、寝ているときに痛みが出て起きてしまったり、逆に朝痛みがひどくて起き上がれないということを少なくしてくれます。
横向きで眠るときは腰を背中を自然に丸めるようにして膝も軽く曲げましょう。

右の腰に痛みがある場合は、左向きに眠るとより効果的です。

体の筋をまっすぐに保つために抱き枕を使用するのもおすすめです。


膝と膝のあいだに挟めるクッションで代用しても構いません。

また、ときおり寝返りを打つのも腰への負担を和らげるのに効果的です。

自分がリラックスできる姿勢を見つけられるようにしておきましょう。


2.仰向けで眠るときのポイント

次に腰への負担が少ないのが仰向けです。

仰向けで眠るときは、足をまっすぐ伸ばさないようにすることです。


足を伸ばすことで腰が反るようになり、負担が大きくなってしまいます。


出来れば膝の下にクッションを敷いて、膝を軽く曲げられるようにしましょう。


背中が丸まっている、猫背が気になるという方は背中にバスタオルなどを敷いて仰向けに眠るのもおすすめです。


しかし反り腰になると腰痛を感じる場合もありますので、自分はそのタイプではないかどうかを事前に確認しておく必要があります。


3.うつぶせで眠るのは要注意!

腰痛を患っている人に一番おすすめしないのがうつぶせです。


うつぶせは自然と反り腰になってしまうだけでなく、頭を左右どちらかに向けることによって背骨から腰をねじるようになってしまいます。

この体制は腰にとって負担が大きく、就寝中に腰痛を感じたり朝腰が痛くて起き上がれないといった症状を引き起こします。

最初は仰向けか横向きになっていても寝ている内にうつぶせになってしまうという方も多いですが、気づいたときに改善するように心がけましょう。


4.寝具が体に合っていない可能性も

寝方だけでなく、寝具にも気を配ることでより腰痛を改善することは可能です。

低反発のマットレスは一見寝心地がよく、快適に思えますが、しっかりと腰がマットレスに沈み込むような形になるため腰への負担が大きくなります。

仰向けでは反り腰の原因に、横向きでは体の歪みの原因になってしまいます。

体が沈み込むので寝返りも打ちにくく、さらに長時間同じ姿勢が続く原因になってしまいます。

体が沈みこまない、寝返りが打ちやすい固めくらいのマットレスがちょうどいいです。

また、枕の高さも気をつけましょう。


高すぎる枕は首や背中への負担を大きくし、腰痛だけでなく肩こりや頭痛などの原因にもなってしまいます。

低めの枕にタオルを重ねていき、自分の方と首が一番楽な高さを見つけましょう。



5.腰痛にいい寝方を探してみよう


腰痛にいい寝方、悪い寝方は理解していただけましたか?腰が痛くて眠れない、朝腰が痛くて起き上がれないという方は、寝ている姿勢にこそ腰痛の原因が隠れているのかもしれません。早速今日から寝方を意識して、腰痛を改善していきましょう。


寝返り動作で腰が痛い・朝立ち上がる時に腰が痛い


そんなあなたの症状は当院が一番得意としている症状です。


たった1回の施術だけで解消してしまうことも多くありますので、一度ご相談ください。

2018/4/17

那智勝浦町や串本町・すさみ町からも腰痛・ヘルニアの治療に多くの方が来院されております。

和歌山県田辺市に、たった数分骨盤にある仙腸関節を触っただけで、どこにいっても何をしても良くならなかった腰痛や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などを解消してしまう治療院があるのをご存知ですか?


なぜ、仙腸関節が重要なのか?



1. 骨盤に人の重心がある
2. 仙腸関節は運動時に衝撃の吸収をする
3. 仙腸関節にある関節包は人の関節の中で最も情報発信をする
4. 脳脊髄液の循環に関与している



などのすごい役割をはたしています。


普段の生活などで中腰になって重たい荷物を持ったり、捻ったりすると、仙腸関節に異常なストレスが加わり関節が少しずれた状態になります。

このずれた状態のまま固定してしまうと正常に動かなくなり、機能障害を起こしてしまいます。


これが起きると、その関節に関係する筋肉が筋スパズム(異常収縮)を生じます。


また、骨盤の機能障害で、頭痛や肩こりなどの症状が引き起こされることもあります。


当院のAKA療法では、とても優しい刺激で仙腸関節を正しい位置へと戻していきます。お子様からご年配の方も安心して施術をうけることができます。

また、超短時間(約1~2分)の関節刺激で関節が持っている本来の機能を実感していただけます。


最近、骨盤の歪みが気になる方や全身が重だるくて仕方がない方などなど、まずは身体の土台を整えて関節がもつ不思議な効果を体感してみませんか?

2018/4/13
6 - 10件目 / 全54件12345678910
楠本整骨針灸院
和歌山県田辺市湊36-7
0739-20-5692